トップページ > いつくの郷の恵み(生産物) > 無農薬無肥料栽培荏胡麻

いつくの郷の恵み(生産物)Product

自然栽培荏胡麻Shizen-saibai-Egoma

◎昔はどこでも作られていた

昔は灯りの油として良く使われていた荏胡麻(エゴマ)。
しかし、なたね栽培の普及により荏胡麻の栽培量は激減。
現在では国産のエゴマは希少品になってしまいました。
荏胡麻は胡麻と同じく縄文時代から日本で栽培されていた大切な種。
いつくの郷では自然栽培により29年からエゴマ栽培を始めてみました。

◎荏胡麻(エゴマ)の特性!

荏胡麻には人体に不可欠な必須脂肪酸であるα-リノレン酸を豊富に含んでいます。

α-リノレン酸は人の体内では作ることが出来ないため食べ物からしか摂取出来ず、α-リノレン酸は必須脂肪酸と呼ばれております。α-リノレン酸は体内においてEPAやDHAに変わります。良く聞かれるこの二つは青魚に多い成分として知られています。

必須脂肪酸のα-リノレン酸は癌の抑制効果や炎症を抑えるように体内において働きます。
またアトピー・成人病・アレルギーなどに対しても素晴しい抑制効果を発揮することが報じられています。
そんな素晴しい油をもつ種が荏胡麻なのです!


・圃場:新潟県佐渡市平清水または真光寺




平成29年産自然栽荏胡麻Shizen-saibai-Egoma

※29年産は完売致しました!

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る
Copyright(C) itsukuno-sato.com All Rights Reserved.